どのような道を選ぶのか

園児と先生

少子化によって子供の教育が見直されていますが、保育士などの職業に就きたい人にとってはいろいろなことを理解する必要があります。まず学校へ行って保育士になるにはどのような道が用意されているのかを理解して、そして自分の道を選ぶことが大事です。まず基本的には大学で取得するケースと、専門学校で取得するケースの二つの道があり、それぞれに取得に関するメリットがあります。大学で保育士の免許を取得する場合には、まず2年制の短大と4年制の大学があり、地域密着型ということでは短大や大学の方が就職に強いこともあります。また専門学校ではスペシャリストを養成することからわかるように、実践に向けた人材を育て上げることができるのも魅力です。

時間をかけて勉強できる

保育士と子供

保育士になるために短大や大学を選ぶケースでは、短大はすぐに就職できるベースが出来上がりますが、4年制の大学ではじっくりと勉強ができるメリットがあります。保育という仕事は奥が深く、実践で経験することもたくさんありますし、また子供たちの思考を理解して接するようになることで、威厳ある保育士になることもできます。保育士の仕事は朝から忙しく、子供の送り迎えという立場のこともあれば、年間行事のスケジュール管理や調整、また健康についての気遣いなどがあるので保護者との連携も必要不可欠です。そうなってくると学校で学んでおきたいことには、やはりコミュニケーションの取り方があり、人と接するだけの話術も身につけることが必要といえます。また年間行事やスケジュール管理では、誕生会をやったり運動会や七夕や夏祭りなどの行事があるので、子供たちをリードして楽しませるエンターテインメント性も持ち合わせいたいことです。

鍛え上げられる

園児と先生

保育士になる専門学校では理論的なことをすぐにできるようになるために、実習という形をたくさん取ることがあるので、休む暇なく卒業まで走ることができます。そのためにじっくり学ぶというよりも詰め込みながら、鍛え上げられていくこともできますし、また早く現場で働きたいという人にはとてもいい道です。大学などと違って費用を安く抑えることもできるのは、システムやカリキュラムを理解してみることでわかってきます。なかには通信講座として学校に通わずに習い、実習を通して実務的なことをこなすことで合格までいくことができるようになります。必要な単位を取って合格までいくことで保育士になることができますので、自分の力を見せることができるのは、専門学校のメリットです。

広告募集中